【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2015年4月15日水曜日

横浜中華街の肉まん [神奈川県]

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

神奈川県横浜市の横浜中華街で食べられる肉まん を紹介したいと思います。

横浜中華街とは?

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街とは、神奈川県横浜市にある日本最大の中華街であり、横浜を代表する観光スポットとして知られています。

見どころとして「関帝廟」や「媽祖廟」が有名であり、数多くの中華料理店があることからグルメも楽しむことができます。

また、点心(肉まんなど)の食べ歩きも気軽に楽しめるので、グルメ探訪にうってつけのスポットだと思います。


肉まんの紹介

江戸清のブタまん

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]
人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街で最も有名だと思われる「江戸清のブタまん」です。

巨大でボリューミーな肉まんであり、中にはジューシーで柔らかい餡が詰まっています。

生地に餡が馴染んでとても美味しく、今まで食べた肉まんの中でも断トツでしたね。

1個500円と少々値が張りますが、腹持ちも良く、個人的には非常にオススメですね。

しかし、敷紙が薄く剥がしにくいのが難点です。

料金: 一個500円~
住所: 神奈川県横浜市中区山下町192
営業: 9:00~20:00(月~金)、9:00~21:00(土・日・祝)
交通: 元町・中華街駅(徒歩5分)、石川町駅(徒歩8分)
横浜太郎殿の究極の肉まん

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]
人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街にある「横浜太郎殿の究極の肉まん」です。

店舗の前には、「究極の肉まん」と書かれた幟が掲げられており、それに惹かれて衝動買いしました。

大きめサイズの肉まんに、少々硬めで食べ応えのある餡が入っています。

具がしっかりしており、味付けも良い感じでなかなか美味しかったですね。

ただ、敷紙が超薄く非常に剥がしにくいのが難点です(ちょっと食ってしまいました…)。

料金: 一個380円~
住所: 神奈川県横浜市中区山下町134
営業: 11:00~18:00(月~金)、11:00~20:00(土・日・祝)、無休
交通: 元町・中華街駅(徒歩6分)、石川町駅(徒歩9分)
皇朝の世界チャンピオンの肉まん

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]
人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街にある「皇朝の世界チャンピオンの肉まん」です。

その名の通り、世界チャンピオンによって作られている肉まんなんだそうです。

一口サイズの肉まんに、硬めの餡が入っています。

味もしっかりしていて美味しかったですが、いかんせんサイズが小さ過ぎるため、物足らなさは否めません。

料金: 一個90円~
住所: 神奈川県横浜市中区山下町154
営業: 10:00~22:00
交通: 元町・中華街駅(徒歩6分)、石川町駅(徒歩9分)
皇朝の桜肉まん

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]
人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街にある「皇朝の桜肉まん」です。

桜の葉の風味の利いた一口サイズの肉まんとなっており、餡は柔らかめです。

桜の葉の酸味と柔らかめの餡がマッチしてなかなか美味しかったです。

料金: 一個120円~
住所: 神奈川県横浜市中区山下町154
営業: 10:00~22:00
交通: 元町・中華街駅(徒歩6分)、石川町駅(徒歩9分)
皇朝の雪もちまん

人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]
人文研究見聞録:横浜中華街の肉まん [神奈川県]

横浜中華街にある「皇朝の雪もちまん」です。

中身が生クリームの冷たい饅頭で、雪見だいふく的な感じのデザートですね。

柔らかめの「高級な雪見だいふく」といった感じの喩えが妥当と思われます。

料金: 一個160円~
住所: 神奈川県横浜市中区山下町154
営業: 10:00~22:00
交通: 元町・中華街駅(徒歩6分)、石川町駅(徒歩9分)

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿