【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2015年11月21日土曜日

じゃこ天 [愛媛県]

人文研究見聞録:じゃこ天 [愛媛県]

愛媛県の郷土料理である「じゃこ天」です。

地元でよく獲れる魚である「ハランボ(ホタルジャコ)」を原料とする揚げかまぼこの一種であり、炙って出されたり、様々な料理の具としても活用されています。


感想


じゃこ天は、塩気は薄いものの魚本来の味を凝縮した風味の深い味わいであり、静岡県の「黒はんぺん」や京都北部の「黒ちくわ」のような味に近いと思います。ただ、魚が苦手な人にはちょっとキツイかもしれませんね。

なお、地元ではハランボのすり身をフライにした「じゃこカツ」という料理も名物とされています。

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿