【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2015年11月25日水曜日

焼豚玉子飯 [愛媛県]

人文研究見聞録:焼豚玉子飯 [愛媛県]

愛媛県今治市の名物料理である焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)です。

焼豚卵飯」「今治焼豚玉子飯」とも呼ばれる今治市のソウルフードであり、近年のB-1グランプリで入賞を果たしたことなどから、近年ではその知名度が高まっているようです。

料理自体は、飯の上に薄く切った叉焼(煮豚)を乗せ、2~3個の半熟の目玉焼きを乗せて後、焼豚のタレで味付けするという至ってシンプルな丼物料理ですが、B級グルメとして市内の中華料理店では人気を博しているようです。


感想


人文研究見聞録:焼豚玉子飯 [愛媛県]
セットで提供されるケース
人文研究見聞録:焼豚玉子飯 [愛媛県]
具は目玉焼きと叉焼

味の方は、ほぼ想像通りの味で美味しいのですが、店舗によって焼豚の厚さや部位、玉子、そしてタレの濃度などに違いがあるそうです(自分が食べた店のタレは、やや甘めでした)。

なお、この料理の起源は、かつて市内にあった中華料理店のまかない料理とされ、厨房で人気を得たことからメニューに加えられ、その人気が口コミで徐々に広まって、当時は学生に人気を博したとされています。

そして、現在では市内約60店舗ほどで販売されるようになり、今治市の名物料理になったんだそうです。

特産品を使用しているわけでもなく、製法が特別でもなく、歴史も古くないという、ハッキリ言って誰でも家庭で作れるメニューなのですが、これを市のB級グルメとして祭り上げるという力技には感心せざる負えません。

そのため、色んな意味で非常に参考になりました。


スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿