【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2016年1月14日木曜日

野田愛宕神社 [千葉県]

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

千葉県野田市にある愛宕神社(あたごじんじゃ)です。

愛宕駅付近に鎮座する平安中期創建の古社であり、祭神に火伏の神であるカグツチを祀っています。

なお、本社の北に位置する西光院は かつて愛宕神社の別当寺だったそうです。

そのため、愛宕神社には神仏習合の跡が多く見られます。

加えて、磐座信仰の痕跡である「磐境」もあるなど、なかなか見どころの多い神社となっています。


神社概要

由緒

由緒書によれば、延長元年(923年)、野田開墾の後に火難を防ぐため、山城国愛宕郡愛宕(現・京都市右京区)の里から当地に迦具土神(カグツチ)を勧請して氏神として祀ったことに始まるとされています。

なお、野田郷開墾後の当時は、郷内に勢力を伸ばし始めた土豪(農兵)らの間に争いが絶えず、山火事ばかりでなく兵火の心配も多かったため、ここに火伏の神を祀ったものと伝えられているそうです。

祭神

愛宕神社の祭神は以下の通りです。

・迦具土神(カグツチ):由緒書によれば「雷神を祀り、防火を司る神」とされる
 → 「カグ」は火の輝き、「ツチ」は強い霊力を指すとされる
 → 古代の農耕守護・五穀豊穣の神とされる
 → 愛児(あたご)さまとして、子供の成長、成育の神としても崇められる
 → 「日本神話」ではイザナミの死の原因となった火の神とされる

境内社

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]
境内社
人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]
大鳥神社

愛宕神社の境内社は以下の通りです。

・稲荷神社:稲荷神(宇迦之御魂神)を祀っていると思われる
・秋葉神社:秋葉大権現(火之迦具土大神)を祀っていると思われる
・三峰神社:伊弉諾尊・伊弉册尊を祀っていると思われる
・松尾大神:大山咋神・中津島姫命を祀っていると思われる
・大鳥神社:日本武尊を祀っていると思われる
・疱瘡神:疱瘡神を祀っていると思われる
・天満宮:菅原道真公を祀っていると思われる
・秋葉山

境内の見どころ

鳥居

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の鳥居です。

拝殿

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の拝殿です。

江戸時代の文献『竹堂随筆』によれば、野田市は「かごめかごめ」の童謡の発祥地とされてるそうです。

それに関連して、一説には当社の拝殿に「籠の鳥」の彫刻が鎮座していると云われています。

本殿

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の本殿です。

文政7年(1824年)に再建されたものであり、周りには透かし彫り彫刻群が施されています(県指定の有形文化財)。

神楽殿

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の神楽殿です。

勝軍地蔵尊

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の勝軍地蔵尊です。

脇社

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の脇社です。

延命水

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の延命水です。

石燈籠

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の石燈籠です。

享和2年(1802年)に寄進されたもので、当時の呼称である「愛宕大権現」と刻まれています。

雪見灯篭

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の雪見灯篭です。

文政12年(1829年)に寄進されたものとされています。

力石

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の力石(ちからいし)です。

醤油の圧搾用の重石であり、若者が力自慢に用いたものとも云われています。

磐境

人文研究見聞録:野田愛宕神社 [千葉県]

愛宕神社の磐境(いわさか)です。

古代の磐座信仰に由来する形式で祀られた神社であり、ここに神が降りてくるとされています。

料金: 無料
住所: 千葉県野田市野田725
営業: 終日開放
交通: 愛宕駅(徒歩5分)

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿