2018年4月21日土曜日

宇治抹茶ラーメン [京都府]

人文研究見聞録:宇治抹茶ラーメン [京都府]

抹茶ラーメンは京都府宇治市の御当地ラーメンで、平等院の参道で食べることができます。

麺に抹茶が練り込まれていることが特徴であり、食べるとお茶の風味が楽しめるようになっています。

また、同店では抹茶を含む皮を使った抹茶餃子も販売されています。

宇治の抹茶ラーメンとは?


お茶のまちとして知られる宇治には、抹茶を使った食物がたくさん売られています。

お土産物では茶団子が有名で、料理としては麺の色がグリーンになっている茶そばがよく見られます。

平等院の参道には色んな抹茶系の料理店がありますが、その中の「田中九商店」では抹茶ラーメンが提供されています。

看板を見る限り、麺に抹茶が練り込まれており、グリーンの抹茶餃子も食べられるようです。

この付近でも当店にしかないようなので、今回はここで抹茶ラーメンと抹茶餃子を食べてみることにしました。

抹茶ラーメン


人文研究見聞録:宇治抹茶ラーメン [京都府]

抹茶ラーメンは、麺に抹茶が練り込まれているラーメンです。

スープは豚骨醤油や豚骨塩などから選べるようになっており、どうやらスープには抹茶は入ってないようです。

麺を食べてみると、ほんのり お茶の風味がします(麺の色も やや茶色がかっている)。

味の方は普通に美味しく、特別な感じはしませんが、お茶の風味が好きな人にとっては違いが分かるかもしれません。

価格もリーズナブルなので、観光がてらに こうした御当地ラーメンを食べてみるのも面白いと思います。

抹茶餃子


人文研究見聞録:宇治抹茶ラーメン [京都府]

抹茶餃子は、抹茶が練り込まれた皮を使った餃子です。

餃子のタレか、抹茶塩を付けて食べるようになっています。

食べるとほのかに抹茶の香りがします。

味の方は普通に美味しかったです。

参考リンク:ラーメン 田中九商店 平等院店(食べログ)

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿