【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2015年11月23日月曜日

石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

愛媛県松山市にある石手寺には「マントラ洞窟」と呼ばれるミニアトラクションがあります。

その内容は、真っ暗闇の洞窟を巡礼し、自分の中の「仏の心」を発見することを目的とする修行場とされています。

なお、洞内は密教における金剛界と胎蔵界をモチーフにしているとされ、多様な仏像や仏画などが安置されています。

以下、そのマントラ洞窟について詳しくレポートしたいと思います。

石手寺についてはこちらの記事を参照:【石手寺】


マントラ洞窟の様子

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

マントラ洞窟は境内の北西に位置し、韋駄天健脚尊の裏にその入口があります。

入口の上には空海像が立っており、拝観料の100円を賽銭箱に納めて洞内に入場します。

洞内は入口から既に真っ暗闇となっており、道の真ん中に大小多数の地蔵尊が点々と安置されています。

また、洞内の道は分岐しており、真っ直ぐ進むと「金剛界曼荼羅」へ、右へ進むと「弘法大師修行場」に繋がります。

弘法大師修行場

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

分岐する道を右へ進んで弘法大師修行場を目指すと、八十八ヶ所洞窟と呼ばれる道に入ります。

この道には壁の片側に多数の地蔵が並べられ、壁には仏画が描かれています。

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]
人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

奥まで行くと巨大な観音が現れ、さらに奥の格子の中には「修行する弘法大師像」が安置されています。

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]
人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

これが「弘法大師修行場」とされ、納経できるような仕様となっています。

なお、この修行場から外に出ると大師堂の裏に出てきます。

金剛界曼荼羅

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

分岐する道を真っ直ぐ進むと、真っ暗闇の中に安置されるいくつかの地蔵が目に入ります。

また、壁には仏教用語の解説が記された案内板が掲げられていますが、基本的には暗過ぎて全く見えません。

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]
人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

道の途中には大きく開けた空間が二ヶ所あり、それが密教における金剛界と胎蔵界とされているようです。

なお、入口に近い空間が「胎蔵界」とされ「心の中の悟りの修行道場」とされています。

また、入口から遠い空間が「金剛界」とされ「諸仏の集まる仏の世界であり、安らぎと感謝の場」とされています。

そして、さらに奥に行くと外の光が差し込むのが見え、その先には奥の院の入口が待ち構えています。

人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]
人文研究見聞録:石手寺のマントラ洞窟 [愛媛県]

これが「金剛界曼荼羅」とされ、これを以ってマントラ洞窟は終了の様です。

なお、入ってみた感想は「何とも言えない」という感じですね…。

料金: 無料
住所: 愛媛県松山市石手2丁目9-21マップ
営業: 7:00~17:00
交通: 道後温泉駅(徒歩19分)、伊予鉄バス「石手寺前」下車

公式サイト: http://nehan.net/

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿