【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2016年8月13日土曜日

はしまき [大阪府]

人文研究見聞録:はしまき [大阪府]

お祭屋台で見かけるコナモン「はしまき」です。

詳しいルーツは分かりませんが、大阪以西の中国・四国・九州地方での知名度が高いとされています。


概要

人文研究見聞録:はしまき [大阪府]

はしまき」とは、"ワリバシにお好み焼きを巻き付けた料理"であり、大阪以西(主に中国・四国・九州地方)のお祭屋台での定番のメニューとされているようです。詳しいルーツは不明ですが、九州では特に知名度が高いとされています。

なお、ワリバシに巻き付けて提供される類似するコナモンとして、山形県内陸部の「どんどん焼き」、宮城県仙台市の「くるくるお好み焼き」があります。

感想

人文研究見聞録:はしまき [大阪府]

今宮戎神社の十日戎にて「はしまき」の屋台が出ていたので食べてみました。

「はしまき」には「チーズ」「目玉焼き」「めんたい」など様々な味があり、屋台によっても多少変わるようです。

味の方はマヨネーズとケッチャップ味で無難に美味しかったです(個人的にはソース味の方が良いと思いました)。

また、食感の方はモチモチとしており、ちょっと変わった感覚を覚えました(生地の特徴でしょうか?)。

なお、店主曰く「はしまき」はビールのアテとして人気が高いそうです。

ちなみに、意外にワリバシから外れにくいので、お手拭き用のウェットティッシュなどが必要になると思います。

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿