【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2017年11月22日水曜日

秋葉神社(浜田市) [島根県]


島根県浜田市にある秋葉神社(あきばじんじゃ)です。

濱田護國神社付近に鎮座している神社であり、祭神に火之迦具土神を祀っています。

なお、古くから火伏の神として信仰されており、防火の御利益があるとされています。


神社概要

由緒

由緒書によれば、創建年代は不明ですが、古くから火伏の神・火之迦具土神(ヒノカグツチ)を祀る神社として信仰を集めており、元々は牛市町(旧黒川村)東詰に鎮座していたとされます。

近代には、明治5年(1872年)に姫栖神社趾であった現在地に社殿を造営し、亀山城内に守護神として祀られていた稲荷神社・雁木神社・讃樹(岐)神社・厳島神社・柿木神社・姫栖神神社等を合祀して現在に至るとされています。

なお、由緒書による説明は以下の通りです。

【秋葉神社 御由緒】

当社の御祭神は「火之迦具土神(ヒノカグツチ)」で古来 火伏の神として信仰厚く、元牛市町(旧黒川村)東詰に御鎮座になっていたが、明治5年 城山に姫栖神社趾であった現在地に御社殿を造営し、浜田藩の守護神として亀山城内に奉斎してあった稲荷神社・雁木神社・讃樹(岐)神社・厳島神社・柿木神社・姫栖神神社等を合祀してあります。

この新社殿は多数の御寄進者の奉納によって昭和42年春に竣工したものであります。

祭神

秋葉神社の祭神は以下の通りです。

【主祭神】

・火之迦具土神(ヒノカグツチ):日本神話に登場する神で、主に防火の神として祀られる(愛宕権現とも)
 → 「日本神話」では火の神とされ、イザナミが生んだ際に陰部を火傷して死んでしまったとされる

【合 殿】

・稲荷神社
・雁木神社:柿本人麻呂を祀る
・讃樹神社
・厳島神社
・柿木神社
・姫栖神神社

境内の見どころ

鳥居


秋葉神社の鳥居です。

社殿


秋葉神社の社殿です。

他に類を見ない奇妙な形になっています。

料金: 無料
住所: 島根県浜田市殿町(マップ
営業: 終日開放
交通: 浜田駅(徒歩18分)

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿