【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2016年8月24日水曜日

中島惣社 [大阪府]

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

大阪市東淀川区東中島にある中島惣社(なかじまそうじゃ)です。

飛鳥時代に創建された古社であり、当地周辺の総社として多くの神々を祀っています。


神社概要

由緒

由緒書によれば、白雉2年(651年)に第36代孝徳天皇が豊崎宮に遷都した頃の創建とされ、五穀豊穣を祈願し、多くの田園を下した社であり、古くに存在した中島郷48箇村の親宮であるとされています(明治時代に周辺の社を合祀した)。

なお、江戸時代の地誌である『摂津名所図会』には「稲荷祠 北中嶋惣社也。此辺六ヶ村産土神とす。天満宮社家寺井紳主兼帯所」とあり、「もと稲荷神社」とも称すとされています。

祭神

中島惣社の祭神は以下の通りです。

主祭神

・宇賀御魂神(ウカノミタマ):稲荷神であり、スサノオの御子神とされる
・受保大神(ウケモチ):稲荷神社で祀られることが多い神であり、「日本神話」では食料を生み出す神とされる
・大市比賣神(オオイチヒメ):スサノオの妃神であり、大年神・宇迦之御魂神の母神とされる

相殿神

・菅原道真公(すがわらのみちざね):平安時代の政治家であり、天満天神・学問の神として信仰される
・天児屋根神(アメノコヤネ):中臣氏(藤原氏)の祖神であり、春日四神の一柱とされる
・経津主神(フツヌシ):武甕槌神と共に大国主に国譲りを迫った神とされ、春日四神の一柱とされる
・武甕槌神(タケミカヅチ):大国主に国譲りを迫った神とされ、春日四神の一柱とされる
・姫大神(ヒメオオカミ):春日四神の一柱で、『ホツマツタヱ』という文献では武甕槌神の娘、天児屋根神の妻とされる
・天照皇大神(アマテラス):太陽を神格化した神とされ、伊勢神宮(内宮)の主祭神として有名
・事代主神(コトシロヌシ):大国主の子神であり、恵比須神として信仰される
・応神天皇(おうじんてんのう):第15代天皇であり、八幡神として信仰される
・速素盞鳴神(ハヤスサノオ):三貴子の一柱であり、ヤマタノオロチを倒して出雲の祖神となった
・大名牟遅神(オオナムチ):スサノオの子孫であり、大国主神となった
・少彦名神(スクナヒコナ):オオナムチと共に国づくりを行った神とされる
・猿田彦神(サルタヒコ):天孫降臨の際にニニギを道案内した神とされる

境内社

若宮社

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の境内社である若宮社(わかみやしゃ)です。

祭神

・足名槌神(アシナヅチ):スサノオの后・クシナダヒメの父神とされる
・手名槌神(テナヅチ):スサノオの后・クシナダヒメの母神とされる
・迦具土神(カグツチ):火の神で、イザナミの死の原因となったとされる(火伏せの神として信仰される)
・大年神(オオトシノカミ):スサノオの御子神であり、穀物神とされる
・御歳神(ミトシノカミ):大年神の子神であり、穀物神とされる
・五十猛神(イタケル):スサノオの御子神であり、全国に樹木を種を撒いて廻った木の神とされる
・市杵島姫神(イチキシマヒメ):宗像三女神の一柱で、弁財天としても信仰される
・楠木正成公(くすのきまさしげ):鎌倉末期の武将であり、後醍醐天皇を助けて鎌倉幕府を倒した
・大屋津比売神(オオヤヒメ):スサノオの御子神であり、兄・イタケルと共に全国に樹木を種を撒いて廻ったとされる
・天宇受売神(アメノウズメ):岩戸隠れの際に舞い踊った芸能の始祖とされ、猿田彦神の妻となったとされる

大将軍社

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の境内社である大将軍社(だいしょうぐんしゃ)です。

祭神

・久那斗神(クナトノカミ):いわゆる道祖神として知られ、邪霊の侵入を防ぎ、旅人を守護するとされる
・八衢比古神(ヤマタヒコノカミ):道祖神(男神)とされる
・八衢比女神(ヤマタヒメノカミ):道祖神(女神)とされる
・金山彦神(カナヤマヒコ):鉱山を司り、鉱業・鍛冶など金属に関する技工の守護神とされる
・大山津見神(オオヤマツミ):山の神とされる
・罔象女神(ミヅハノメ):水の神とされる
・於冨加牟津見神(オオカムヅミ):黄泉の国にてイザナギを救った桃であり、その功績から神となった

境内の見どころ

大鳥居

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の大鳥居です。

鳥居

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の鳥居です。

注連石

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の注連石です。

拝殿

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の拝殿です。

非常に美しい建物となっています。

神馬像


中島惣社の神馬像です。

忠魂碑

人文研究見聞録:中島惣社 [大阪府]

中島惣社の忠魂碑です。

料金: 無料
住所: 大阪府大阪市東淀川区東中島4-9-41(マップ
営業: 終日開放
交通: 新大阪駅(徒歩15分)

公式サイト: http://www.jinjacho-osaka.net/osakafunai-no-jinjya/dai4sibu/higasiyodogawa-ku/m01m_07_higasiyodogawa_nakajimasousya.html

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿