【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2017年5月8日月曜日

水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

兵庫県神戸市の有馬温泉地区にある水天神社(すいてんじんじゃ)です。

湯泉神社の摂社・御旅所であり、太古に神が降臨した場所であるため「あなむちの神地」とも呼ばれています。


神社概要

由緒

案内板によれば、この場所は太古に大巳貴命(オオナムチ)少彦名命(スクナヒコナ)の二神が降臨した神地巳貴(シンチ アナムチ)であると言い伝えられているとされます。

現在は境内に水天神社(水天宮)が建っており、湯泉神社の摂社にして御旅所となっているとされ、一般には「水神さん」「あなむちの神地」「お旅所」などと呼ばれて親しまれているそうです。

なお、案内板による解説は以下の通りです。

穴虫の清水(巳貴清水)

この地は湯泉神社の御旅所にして、清水湧き出てて極めて鮮烈なり。

太古、大巳貴命(オオナムチ)、少彦名命(スクナヒコナ)が この地に降臨ましましけるより、神地巳貴(シンチ アナムチ)と言い伝ふ、傍らに鎮座石として幅七尺許 高さ三尺五寸許の石二つあり、その一つの石には青蛾石の三字あり、慶応年間(1875~1876年)、修験者が書し刻ましむと伝う。境内に水天神社あり。 有馬温泉案内(1907年)より

古書、迎湯有馬名鑑書(1683年)、有馬温泉由来記(1815年)、有馬温泉略記(1884年)、有馬温泉誌(1891年)、西摂大観(1911年)、摂北温泉誌(1914年)、有馬郡誌(1929年)などに記載されている。

一般には水神さん、お旅所として親しまれている。

祭神

水天神社の祭神は以下の通りです。

・大巳貴命(オオナムチ):国造りの神であり、大国主という名でも知られる(出雲大社の主祭神として有名)
・安徳天皇(あんとくてんのう):第81代天皇(源平合戦の際に草薙剣と共に関門海峡に沈んだとされる)
・熊野十二神(くまのじゅうにしん):熊野信仰の神々

境内の見どころ

鳥居

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社の鳥居です。

扁額には「水天宮」と刻まれています。

鎮座石

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社にある鎮座石です。

鳥居の傍らに安置されており、案内板によれば幅7尺(約2.12m)・高さ3.5尺(約1.06m)であるとされます。

また、一つの石の表面には、幕末に修験者によって刻まれた「青蛾石」の三文字が見られます。

境内

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社の境内です。

鳥居の先には社殿と仏堂が見られます。

社殿

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社の社殿です。

小祠

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社の社殿内には小祠が設置され、中には神像が祀られています。

井戸

人文研究見聞録:水天神社(あなむちの神地) [兵庫県]

水天神社の小祠の背面は井戸となっています。

案内板にある「清水湧き出てて極めて鮮烈なり」は、この井戸水のことでしょうか?

料金: 無料
住所: 兵庫県神戸市北区有馬町(マップ
営業: 終日開放
交通: 有馬温泉駅(徒歩11分)

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿