【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2016年6月7日火曜日

貴船神社・参道 [京都府]

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

京都市左京区にある貴船神社(きふねじんじゃ)参道について紹介したいと思います。

※貴船神社に関する その他の項目については末尾にリンク先をまとめています。

概要

貴船神社の範囲は広く、貴船口駅の周辺には一の鳥居があり、また関連社なども点在しています。

なお、本宮までの道程は坂道となっており、徒歩で上がると本宮まで約30分程度かかります。

バスで上がることもできますが、徒歩だと美しい風景や、道中の巨石や関連社なども巡ることができます。

そのため、このページでは貴船神社の参道の見どころを紹介したいと思います。


貴船神社・参道の見どころ

一の鳥居

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある一の鳥居です。

貴船口駅の南側に位置しています(やや参道の反対側に戻る必要がある)。

梶取社

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある梶取社(かじとりしゃ)です。

一の鳥居付近に位置しており、由緒と祭神は以下のようになっています。

梶取社の由緒

由緒書によれば、玉依姫命が水源の地を求めて黄船に乗って淀川、鴨川を遡って来た時、上手く舵を操った梶取大神を祀っていると伝えられ、航海安全・交通安全・人生進路守護の神として崇められているとされています。

梶取社の祭神

・宇賀魂命(ウガノミタマ):いわゆる稲荷神に当たる
・梶取大神(かじとりのおおかみ):由緒書に記載は無いが、古伝によれば この神が祭神とされる

蛍岩

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある蛍岩(ほたるいわ)です。

参道にある巨石であり、平安時代の女流歌人である和泉式部(いずみしきぶ)が貴船神社に参詣した際に詠んだ『もの思へば 沢の蛍も わが身より あくがれ出づる 魂かとぞ見る 木船川 山もと影の夕暮れに 玉ちる波は 蛍なりけり』という歌に因むとされます。

なお、蛍の名所として知られており、6月中頃から付近一帯で蛍の乱舞が見られるそうです。

梅宮社

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある梅宮社(うめみやしゃ)です。

貴船神社の境外末社であり、祭神に木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメ)を祀っています。

白石社

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある白石社(しらいししゃ)です。

貴船神社の境外末社であり、祭神に下照姫命(シタテルヒメ)を祀っています。

なお、この社に関して社殿の前まで行くには川を横切る必要があります。

烏帽子岩

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある烏帽子岩(えぼしいわ)です。

昔、大宮人(宮中に仕えた貴人)が この石の上に烏帽子を置いて身を清めたと云われています。

鞍馬寺西門

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

貴船神社の参道にある鞍馬寺西門です。

ここから鞍馬寺方面まで抜けることが出来ます。

なお、鞍馬の火祭の当日は、15:00くらいには封鎖されるため注意が必要です。

参道の風景ギャラリー

貴船神社の参道で見られる風景ギャラリー形式で載せておきます。

人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]
人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]
人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]
人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]
人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]
人文研究見聞録:貴船神社・参道 [京都府]

関連項目

貴船神社・本宮
貴船神社・結社
貴船神社・奥宮
貴船神社にまつわる伝説

料金: 無料
住所: 京都府京都市左京区鞍馬貴船町(マップ
営業: 参道は終日開放
交通: 貴船口駅(本宮まで徒歩26分)

公式サイト:http://kifunejinja.jp/index.html

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿