【当サイトについて】

・当ブログは「人文研究見聞録(じんぶんけんきゅうけんぶんろく)」と言います。
・このブログでは、著者が実際に見た・体験した「日本」についての記事を書いています。
・その他にも「日本神話」の独自研究についての記事なども書いています。
・サイト内のコンテンツについては、上部のメニューバーおよびサイト右側に配置したメニューを参照してください

2017年5月31日水曜日

吉水神社 [滋賀県]

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

滋賀県蒲生郡竜王町にある吉水神社(よしみずじんじゃ)です。

創祀年代不詳とされる神社であり、祭神に武甕槌神・経津主神・八意思兼神・比売神を祀っています。


神社概要

由緒

滋賀県神社庁HPによれば、創祀年代は不詳とされるものの、寛文7年(1667年)に社殿を新築、延宝8年(1680年)に改築 宝暦12年(1763年)に上葦 などの記録のある棟礼が存在するとされ、明治9年(1876年)に村社になったとされています。

祭神

吉水神社の祭神は以下の通りです。

・武甕槌神(タケミカヅチ):「日本神話」でフツヌシと共に国譲りを成した神(鹿島神宮の主祭神として知られる)
・経津主神(フツヌシ):「日本神話」でタケミカヅチと共に国譲りを成した神(香取神宮の主祭神として知られる)
・八意思兼神(ヤゴコロオモイカネ):「日本神話」に登場する神で、知恵を司るとされる
 → 『ホツマツタヱ』ではヒルコ(ワカヒルメ)の夫であり、ヒヨミ(役職)として暦を発布したとされる
・比売神(ヒメガミ):春日四神の一柱
 → 『ホツマツタヱ』ではタケミカツチの娘であり、アメノコヤネの妻となった

境内社

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]
人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の境内社は以下の通りです。

・神明社
・愛宕神社
・御霊神社

境内の見どころ

石鳥居

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の石鳥居です。

木造鳥居

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の木造鳥居です。

境内

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の境内の様子です。

拝殿

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の拝殿です。

本殿

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の本殿です。

両脇に境内社が建っています。

石のオブジェ

人文研究見聞録:吉水神社 [滋賀県]

吉水神社の石のオブジェです。

鳥居のような形をしており、寛治十一年竣工などと記されています(詳細不明)。

料金: 無料
住所: 滋賀県蒲生郡竜王町西川539(マップ
営業: 終日開放
交通: 篠原駅(徒歩40分)

公式サイト: http://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=676

スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿